海外fx口座比較は比較をしよう「正しく利用する」

勝つためには

いきなり海外の業者と取引をするとなると不安が押し寄せてくるのも無理はありません。しかし、比較をしっかりして知識を蓄えておくことによって、謳い文句に騙されることなく、勝利を収めることができるでしょう。

比較するべきこと

約定力

海外fx口座は約定力、約定スピードなどを数値化して公開している専門業差が多くあります。例えば、執行率100%で99.35%は1秒以下で執行することが可能だったり、約定拒否無しと書かれていたりするので、目を通しておくべきです。

トレードコスト

トレードコストは狭ければ狭いほど良いものとされていますが、最小スプレッド0.3などと掲載されていても信用するのはまだ早いのです。きちんと内容を下調べしてから契約するようにするといいでしょう。

取引手数料

一般的に海外では取引手数料は無料となっていますが、ECN口座の海外FXであれば話が変わってきます。例えば、STP口座は取引手数料無料でスプレッド高くなっているのですが、ECN口座はその真逆と言えるでしょう。

トレードプラットフォームやECN口座

MT4を使わない方は、ECN口座を用いて板情報と気配値を把握する場合やハッキリとした高いトレードをしたいとおもっている方に打って付けとなっています。ですので、よく比較する意義はあるのです。

海外fx口座比較は比較をしよう「正しく利用する」

マネー

日本人でも使いやすい

投資をしたいのであれば、日本人でも安心して使用することができる海外fx口座に注目しておくといいでしょう。こちらは、日本では25倍のレバレッジしか取引をすることができませんが、海外なら500から888倍のレバレッジを獲得することが可能です。しかし、こういった会社は複数あるので、海外fx口座比較をしてみるといいでしょう。

追証がない

日本の業者では20万円ほどの証拠金を失う可能性が高くなっているのですが、海外ではゼロカットとなっているので、マイナスになることがありません。ですので、海外fxを利用する人が多いと言えるでしょう。

ディーリングデスクが不要

一般的にはトレーダーとプライス供給元の間にはディーリングデスクという機関が存在し、それを通さなければなりません。そうすると、手数料や人件費がかかってしまいますが、海外ではそういった機関を通すことがないので、無駄な費用を支払うことがありません。このような違いがあるので、海外fx口座比較しておくといいでしょう。

広告募集中