不動産物件を担保にする時のルール

担保にするのなら不動産物件がお勧め【提示するべき書類】

優良業者の見つけ方

お金を借りるための業者の中には優良店なところもあれば、法律を犯しているところもあるのです。ですので、魔の手に陥らないためにも、業者の良し悪しを把握しておくと、安心して借りることができるでしょう。

見ておくポイント

許可書の有無

悪徳業者と正当な業者の大まかな違いはぞれぞれの都道府県知事の許可、または財務局の許可が必要不可欠となっているので、インターネットにあるサイトや広告に掲載されていない場合は、利用するのを控えた方がいいでしょう。

利子

利子は法律できちんと定められているので、20%を明らかに超越していたら怪しんだ方がいいと言えるでしょう。その反対に明らかに少ない利子で借りられると謳っている業者も、裏がありそうなので手をださないのが正解です。

電話番号

連絡先が固定電話の番号ではなく、携帯電話の番号しか載っていない場合は100%黒と言っても過言ではありません。そして、固定電話であったとしても、NTT電話番号案内に登録されているかハッキリさせておくのが得策です。

店舗がない

業者によっては店舗を構えていなかったり、移転を繰り返しているところがあります。そういったところは無許可で運営している可能性が高くなっているのです。ですので、電話だけで済ませようとする業者は言語道断と言えるでしょう。

口座をはぐらかす

借金の返済をするには返済用の口座がなければなりませんが、その口座をすぐに提示しない場合は怪しんだ方がいいです。そのような場合はたいてい口座が個人名義であることが多いので、そちらとは縁を切るようにするといいでしょう。

不動産物件を担保にする時のルール

女性

不動産物件の証明

適切な業者が大阪で見つかったら契約をする際に必要な書類を提出しなければならないので、事前に揃えておくといいでしょう。例えば、不動産登記謄本、固定資産税評価証明書、建築確認通知書、建物図面、地積測量図、公図、住宅地図などが要ります。この中でも審査を行なう前に不動産登記簿謄本があれば融資の金額の計算がスムーズなので、用意しておくと不動産物件を担保にすることができるでしょう。

本人証明書

不動産物件の担保には、運転免許証、社会保険書、健康保険所、パスポートをどれか1つ持っておくべきです。また、最近ではマイナンバーカードがあるので、写真付きのものを大阪の市役所で申請しておけば有利にことを進めることができるようになるでしょう。

税金は納めるべし

融資してもらうためには未納税金が無いかどうか調べられるので、未納税分があり、期限が切れていないのなら、大阪にあるコンビニなどで支払いを済ませておくといいでしょう。それが終わるとお金を受け取れたり、不動産物件を担保に入れたりできるのです。

法人であれば

大阪で会社を運営していてお金を借りたい、不動産を担保にしたいと思っているのなら商業登記簿謄本、決算報告書、事業計画書がないといけません。特に、開業資金の融資を不動産物件でまかなう場合は、事業計画書や細かな資金の内訳を知れる書類が絶対的になります。

広告募集中